新しい住宅を安く|一条工務店なら丈夫な住宅を建ててもらえる|安心して住める住居
室内

一条工務店なら丈夫な住宅を建ててもらえる|安心して住める住居

新しい住宅を安く

積み木

中古住宅にはないメリット

新築の戸建て住宅には、中古住宅にはないメリットが数多くあります。まずは、建てられたばかりなのですから、快適に暮らしやすいという点です。中古住宅の場合、以前の住人の生活により、ある程度汚れがついていることがありますが、新築住宅にはそれがないのです。また、たとえ見た目がきれいでも、経年劣化により雨漏りなどのトラブルが生じやすくなっています。そのため多くの修繕費が必要となることがあるのですが、新築住宅の場合はそのリスクが低いのです。さらに、新しい耐震基準で建てられていたり、開発された新建材が使われていたりといったメリットもあります。ただしその分価格が高く、特に地価の高い都内では、億単位の費用が必要となることもあります。そのため資金不足で都内では新築住宅を購入できないという人の多くが、埼玉で購入しています。埼玉でなら、都内よりも地価が低い分、少なめの負担で購入できるからです。

利便性と地価

埼玉の地価は、具体的には全域の平均坪単価が50万円弱となっています。それに対して都内全域の平均坪単価は300万円弱なので、土地の購入費用における負担の大きさには、かなりの差があると言えます。それでいて埼玉は、都内への交通機関が発達しているため、都内で働く人にとっては通勤に非常に便利な地域です。もちろん公共施設や商業施設は数多くありますし、緑も多く環境は良好です。こういったメリットから、多くの人が埼玉で新築住宅を購入しているのです。ところが埼玉でも、利便性が特に高い一部の地域に関しては、坪単価が都内の平均を大幅に上回っています。したがって埼玉で新築住宅を購入する場合は、利便性と地価とを天秤にかけながら、立地を厳選することが肝心とされています。